Re:この世から白砂糖をなくしたら精神病はすべてなくなる

元記事リンク→ この世から白砂糖をなくしたら精神病はすべてなくなる

こちらの記事からの引用です。記事主様に感謝。


さて、 「ペットボトル症候群」という言葉をご存知でしょうか?

//////////////

ペットボトル症候群(ペットボトルしょうこうぐん、PET

bottle syndrome)とはスポーツドリンク、清涼飲料水などを大量に飲み続けることによっておこる急性の糖尿病である。

糖尿病性ケトアシドーシスの症状となった若い人達の多くがペットボトルで清涼飲料水を飲んでいたことから「ペットボトル症候群(清涼飲料水ケトアシドーシス)」と名付けられた。

1992年5月に、聖マリアンナ医科大学の研究グループが報告した。

市販飲料の多くには、100mlあたり10g(グラム)程度とかなり多く糖質が含まれている。スポーツドリンクにはたいてい100mlに6g程度の糖分が含まれている。

ペットボトル飲料の普及とその手軽さから、知らず知らずのうちに過剰な糖分を摂取することになる。

10代から30代の若者に多い。

ウィキペディアより

/////////////

 ペットの商材を書いていて、ペットボトルとは駄洒落のようですが、深刻なので、気になった病気です。

 ペットボトル症候群とは、小学生でもすぐにかかってしまう、深刻な病気です。

 まだまだ、暑さが続きますが、誰もが罹ってしまうペットボトル症候群には気をつけてください。

 

 さて、この病気になると、血液は通常中性ですが、酸性になるので、体の機能が低下し、症状がひどくなるにつれて脱水状態を起こすようになり、ひどい場合は意識を失い昏睡状態に陥る場合もあります。

 このペットボトル症候群は明らかに白砂糖の影響です。

 白砂糖は、人間の身も心も蝕む恐ろしい食品です。

 白砂糖を摂りすぎると、体内のカルシウムは失われていきます。白砂糖は、精製過程でビタミンやミネラルなどの微量栄養素を失った酸性食品だからです。

 人間の体は、基本的に弱アルカリ性です。そのため、酸性食品が大量に体内に入ると、中和するために体内のミネラル分が使われます

 この時、最も多く消費されるのがカルシウムです。白砂糖は、カルシウムがほとんど含まれていないので、必要なカルシムは体内の骨や歯を溶かして供給されます。

 これが甘いものを摂ると虫歯になり、骨が弱くなる理由です。コカ・コーラを飲むと歯が溶ける!というのは、このことです。

 精製された白砂糖には、ビタミンやミネラルが含まれていません。

 糖類は、体内で分解される時にビタミンB1が必要となり、そのため、ビタミンBの摂取量が少ないと欠乏症を起こし、鬱、疲労、眩暈、貧血、頭痛、浮腫、湿疹、脂肪肝、心疾患、呼吸器病、記憶障害といった様々な症状を招いてしまいます。

 もっと詳しく説明すると、白砂糖は、精製過程で亜鉛酸ガス・石灰・アンモニアなどの化学物資が使用され、真っ白に「化粧」が施されます。

 結果、生産された「化学製品」としての砂糖には、素材が含有していたビタミンやミネラルは一切ありません。

 あるのは糖分(炭水化物)だけです。

 自然界には、糖・ビタミン・ミネラル・たんぱく質・アミノ酸・乳酸菌などが純粋に、それだけ単体として独立してあるということはありません。

 ですから、精白された砂糖は、食べ物ではなく「白い純粋な化学物資」なのです。

 さて問題は、砂糖が腸内での「消化・吸収」される過程で、ビタミンB群が使用され、酸性状態になります。

 そこで本来の弱アルカリ性状態に戻るために、骨や血液中のカルシウムを奪い取ってしますのです。

 つまり、「自然のもの」であるサトウキビから、砂糖という「化学物資」になる過程で、はぎ取られたしまったビタミンやミネラルを、体内での「消化吸収」の段階で必要となり、それらを私たちの身体から奪い取るのです。

 まさに、白砂糖は、私達の体内からビタミンやミネラルを盗み取る「強盗」なのです。

 このように、ビタミンやミネラルのバランスが崩れますと、心身が狂います。その必要とする量は、微量でも良いのですが、無いと心身が狂うのです。

 イギリスのジョン・ワトキンス博士は、この世から白砂糖をなくしたら精神病はすべてなくなると断言しています。

 白砂糖は、血中に取り込まれるのがとても速く、血糖値が急激に上昇します。そのため、インスリンが大量に分泌され、低血糖を引き起こしやすくなります。

 低血糖が続くと、今度は血糖値を上昇させようとして、アドレナリンが放出されます。

 アドレナリンは神経伝達物質の一つで、興奮した時に大量に血液中に放出されるホルモンです。アドレナリンが出すぎると、思考力が減退し、集中力がなくなり、短気でキレやすくなります。

 お茶の水クリニック副院長森下浩靖氏によれば、慢性疾患の手前の状態、これを低血糖症と呼んでいますが、我が国の糖尿病患者数500万人に対してその5倍の2500万人、つまり4人に1人は低血糖症なのではないかと推測しています。

 低血糖症とは、白砂糖や精白食品の過食によりすい臓が疲弊し、糖に対して過敏な状態の事をいいます。

 普段はインスリンの過剰分泌のため、低血糖状態にあります。

 低血糖はテンカン発作を起こしたり、虚脱感、抑圧感、疑惑や猜疑心の増強、理性的思考力や判断力の低下、情緒不安定、うつ的状態を起こします。

 この状態で精白糖を摂ると急激に血糖値が上昇し、興奮剤として作用します。このような急激な変化により、普段おとなしい人がある時急に「キレて」暴れ出すようなことがあるわけです。

 ペットボトル症候群は、誰もがすぐに罹る病気なのです。



鬱病の自分からするとなかなか恐ろしいことです。
砂糖はよく摂りますし、ビタミンB1は摂らないとなあ、と思います。
ビタミンB1の多い食材というと豚肉が有名ですね。
これから気を付けようと思います。


テーマ : 本日気になったネタ
ジャンル : ニュース

プロフィール

PN不二式

Author:PN不二式
FC2ブログへようこそ!
ここは才能ない不二式が鬱病を患いながら
東方同人を描いたり漫画雑誌に投稿する漫画を描いたりする
ぐだぐだのブログです。

Twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード